焼肉業界を変える

焼肉店のイメージと言えば「煙」「臭い」。
肉を焼いたら煙が出て当たり前のことですが、これを室外に排出するために、ダクトと換気扇またフィルターや電気触媒によって浄化させていました。
しかし、このままでは多くの欠点を持っていることは確かであり、根本的に解決されているわけではありません。
お客様に良い環境の中でお食事して頂けるよう「煙・臭いが出る」から「煙・臭いを出さない」
これが今までの焼肉業界の常識を変える【電気炭】無煙ロースター(Nano Carbon Roaster)です。

炭火より美味しい電気炭

旨味を逃がさず速やかに加熱

無煙ロースター 特徴1

遠赤外線が直接食物に作用するので、速やかに加熱します。
肉類、野菜に至るまで柔らかでジューシー、まろやかな味と風味を逃がしません。
野菜の水分と旨味を中に閉じ込めます。

安心・安全で選ぶなら断然、光

無煙ロースター 特徴2

(財)電気安全環境研究所S-JETマーク認定手続き、経済産業省原子力安全・保安員PSEマークの申請、PL保険の加入を済ませております。

無煙ロースター 矢印1
無煙ロースター 矢印2
最新技術で熱効率アップ

無煙ロースター 特徴3

1400W なのにタッチアップ後、5分で焼き始められるパワー。
熱効率をアップさせ省エネ設計です。

無煙ロースター 矢印3
無煙ロースター 矢印4
設置場所が自由自在

無煙ロースター 特徴4

今まで防災上、設置が難しいと思われた場所でも設置が可能になります。
また、テーブルの移動やレイアウトが自由自在です。
主に設置可能な場所
地下街・高層ビル・スーパーマーケット・雑居ビル・カラオケボックスなどの個室・ダクト・ガス配管工事が困難又は不可能な建物、店舗などでも使えます。

部屋や衣服を汚さない

無煙ロースター 特徴5

CO2を出さない環境に優しいロースター。
オイルミストが出にくいため衣服に臭いが付きにくいです。
「煙」や「臭い」が出にくい理由
遠赤外線は、肉やその他の食材の中に熱流を素早く奥深くに浸透させるので、「煙」や「臭い」が出にくくなります。

電気でコストを大幅削減!

電気を使用することで、炭やガスの使用より30%以上の節約が見込め、ダクトやフード工事が不要なのでダクト点検や清掃の必要が無く、火災の心配は一切無用になります。
また、工期面におきましてもガス工事、ダクトなどの天井や床下の工事が不要になるため、内装工事期間が大幅に短縮でき、現場の工程管理が少なくなります。
工期が短縮すると共に、内装工事費の大幅な軽減につながります。

ランニングコスト比較表
種類
名目
電気炭無煙ロースター
NanoCarbon
ガスロースター
炭ロースター
エネルギーコスト 25円/kw 300円/m2 135円/kg
エネルギー消耗 1.4kW/hr 0.222m2/hr 1.2kg/hr
1か月1台当たりのコスト
(毎日5時間稼働の場合)
5,250円 9,990円 24,300円
1年間のコスト
(15台の場合)
945,000円 1,798,200円 4,374,000円

イニシャルコスト比較表
種類
名目
電気炭無煙ロースター
NanoCarbon
ガスロースター
炭ロースター
ダクト工事 0円/台 150,000円/台 150,000円/台
ロースター本体
(定価)
198,000円/台 300,000円/台 80,000円/台
合計
(15台使用の場合)
2,970,000円 6,750,000円 3,450,000円

無煙ロースター 年間ランニングコスト
無煙ロースター イニシャルコスト


※上記の表はエネルギーだけのコスト比較ですが、ガスや炭の場合は別途ダクト清掃費や室内のエアコンの容量も大きいものが必要となります。
 電気炭無煙ロースター(Nano Carbon Roaster)は、そういった費用も不要になります。
※換気扇の設備は必要です。

無煙ロースター MA2100 / MA2500

無煙ロースター MA2100
無煙ロースター MA2100 商品詳細

メリット

  • イニシャルコスト、ランニングコストの削減。
  • 遠赤外線調理で水分と栄養分を逃さず、美味しく焼き上がる。
  • 煙が出にくく、ダクト工事不要。
  • 居抜き物件に最適。
  • 火を使わず、世界が認めた安全設計。
  • 設置、後片付け簡単。
  • レイアウト自由自在。
  • スタイリッシュな空間を実現。
  • 炭火にはない簡単な温度コントロールによる焼き上がり。
無煙ロースター MA2500
無煙ロースター MA2500 商品詳細

メリット

  • 電気のみを使用し、炭・ガスに比べて省エネルギー。
  • 食材の焦げが少なく、ロスを削減。
  • プレートを変えると鍋調理も可能。
  • 100V・200Vに対応するラインナップ。
  • オプションも充実。
  • 立ち上がりが早い。
  • ステンレス仕様。
  • 多様な国際認証を取得済。
  • 大きな焼き口で大人数に対応。